ブログBlog

2024.03.13

一般住宅の耐震工事のご依頼をいただきました。

こんにちは、アスカ工務店の遠藤です。

 

富士宮市小泉にある一般住宅の耐震工事のご依頼をいただきました。

お問い合わせは一本のお電話から。

 

「富士宮市からでる補助金を使って自宅の耐震工事を考えているが、富士宮市にはそのような工事をしてくれる業者がいないので、アスカ工務店に頼みたい。」

 

富士宮市にも耐震工事が出来る業者さんもあるかとは存じますがお客様のご希望であればお任せいただきたいと思い、ご自宅に伺ってお話をお聞きしました。

 

 

 

 

 

 

昭和51年に新築された家を購入しリフォームした家とのこと。
昭和51年といえば、新耐震基準といって建築の法律が変わり、昭和56年1981年が家を地震に対して強くした年ですから、それ以前となるとあまり現状の家は耐震上強くない家になります。

 

 

しかし言わせてもらえば、日本の家は法律的にも耐震上それ程強い家は少ないので、新耐震基準に合わせていたとしても、実際の耐震強度は耐震診断してみないとわかりません。

 

 

 

今回の家は昭和51年、新耐震基準前に建てられた家ですから診断結果も耐震強度は低くなると思われます。

 

 

耐震工事のご依頼の場合、まずは現地調査と耐震診断をさせていただきます。

 

 

幸いこの家の場合、確認申請書というこの家を設計された設計士さんの公的書類が保管されていたので、この書類を確認しながらの調査になりました。

 

 

 

ただ、気になるのはリフォーム後の家だという事。
当時のリフォーム施工業者が耐震強度を考えず、既存の柱を取ったり、壁を取ったり付けたりして確認申請書の内容と現状が違いすぎると、補強部分が想定よりも増えることがあります。

 

 

そのように確認申請上と現状での違いは壊してみないと分からない部分もありますが、ひとまず、今回の現地調査では見受けられませんでした。

 

 

次回に続きます。

 

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ