ブログBlog

2023.10.16

室間温度差のない家とは。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

当社では今、富士市中央町で「性能向上リノベーション」工事をしています。
ほぼ、完成です。

室間温度差のない家とは。

室内の温度差を減らすことでヒートショックなどの健康被害を防ぎ、その家に住む人を守ることができます。

当社の過去のお施主様で、高齢のお父様が浴室の中で倒れてしまいその原因がヒートショック、つまりお部屋内の温度差だと知り、家全体の耐震・断熱性を上げる性能向上リノベーションをされたご家族がいらっしゃいます。

この家の断熱工事では、外壁、屋根部分はセルロースファイバーを充填し熱を伝わりにくくし、冬暖かく夏涼しい家にすることが出来ました。
そして断熱・気密性能を高めると計画換気をきちんと行えるようになるので、室内の空気がきれいになり、ダニやカビなどのハウスダストによる健康リスクからも住む人を守ることができます。

特に新築、性能向上リノベーション工事時の断熱性能に大きく影響を及ぼすのが開口部の窓です。
開口部を内窓などでリフォームすると、それだけでも断熱性能を上げることが出来ます。

また、高断熱の家はより効率よく室温調節ができるため、光熱費が抑えられるうえに環境に優しく省エネにもなります。

 

 

そして結露が起こりにくい為、健康にも良く安心して暮らせる環境を手に入れることができます。

新築でもそうですがリフォーム、性能向上リノベーション工事でも家の断熱性能を上げることは住むご家族にとって、とても大事です。

 

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ