ブログBlog

2023.10.03

家の内部の調湿気密シートを貼りました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

 

当社では今、富士市中央町で「性能向上リノベーション」工事をしています。
もうすぐ完成ですが。

 

今日も振り返り記事を書こうと思います。

 

前回のブログでは、外壁廻りの気密防湿シートを貼っていく話を書きました。
今日は家の内部の調湿気密シート貼り方を書いていきます。

 

 

 

 

まずは壁内に充填断熱のセルロースファイバーを壁内に充填していきます。
その後、イゾベール・バイオ・エクストラセーフという調湿気密シートを貼っていきます。

 

この調湿気密シートは防湿と透湿の性能を合わせ持ち、年間を通じて
躯体内の湿気を管理する調湿気密シートです。

 

この作業は外壁面と同様、大工さんの仕事になります。
現場写真にもありますが、気密シートのつなぎ目はやはり専用の気密テープで
シートの貼り合わせを貼っていきます。

 

窓まわりは以前ご紹介した、窓枠に窓サッシュを付ける前に先行して設置した
同じイゾベール・バイオ・エクストラセーフと絡めながら隙間なく透湿気密シートを
貼っていきます。

 

その際は、窓まわりだけでなく、家の骨組みの梁や桁とも写真にあるように
透湿気密シートを貼り、電気配線な内部と外部を繋ぐ部分も気密シートを
貼っていきます。

 

この作業が終わっていきますといよいよ仕上げ前の下地貼りに進んでいきます。

 

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ