ブログBlog

2023.09.27

外壁の下地部分に貼る断熱材、 ネオマフォーム30mmを設置していきます。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

 

当社では今、富士市中央町で「性能向上リノベーション」工事をしています。
もうすぐ完成ですが。

 

今日も振り返り記事を書こうと思います。

 

富士中央町の家では、外壁の下地部分に貼る断熱材、付加断熱と言ってますが
ネオマフォーム30mmを設置していきます。

 

 

 

 

当社の場合、外壁面の断熱材は2種類を設置していきます。

 

外壁の壁内に充填する断熱はセルロースファイバー。
そして、その後貼る構造用合板、吉野石膏のハイパーEXの外側に
設置する付加断熱は、当社の場合ネオマフォーム30mmを設置していきます。

 

ネオマフォームは付加断熱として外壁面に隙間なく設置していきます。
その後は気密テープを使い、家の軒天と言いますが、外壁と屋根との取り合い部分など
隙間なく貼っていきます。

 

これは大工さんの仕事です。

 

その後、前回、現場作業で紹介した窓サッシュの設置の際、窓サッシュと関連させて
設置した防水、透湿シートのデュポン、タイベックシートシルバーを今度は、外壁に
貼っていきます。その後はやはり気密テープで隙間をなくしていきます。

 

この作業、なかなか、根気がいる作業になります。
しかし、この作業を怠るといくら断熱性能を上げても外気が浸透しやすい隙間から
冷気暖気が出たり入ったりして、断熱性能を低下させてしまいます。

 

この後は、通気を兼ねた外壁材を貼っていきます。

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ