ブログBlog

2023.07.31

一般的に土地や 家の価値はどのように決まるのでしょうか?2

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

 

当社では今、富士市中央町で「性能向上リノベーション」工事をしています。

 

前回でも書きましたが、住むための家は資産価値は大事ですし、意識したほうが
いいと思います。

何回も自分はブログでも書いてますが、かつて自分は20代後半から30代前半
、1980年後半から1990年半のバブル期、熱海や伊藤や湯河原等で別荘建築を現場監督として
携わっていました。

 

自分としては、別荘という自然の中での建築はとてもやっていて楽しかったし
勉強になりましたした。

 

オーナー様へのお引き渡し後、メンテナンス等で何回となく伺うと、オーナー様、ご家族が
皆さん別荘地という自然の中で生活を楽しんでいる様子が、とても印象的で
自分も自然の中で過ごしたいなと思いました。

 

ただ近年になって、たまたまですが、他の用事や近くに寄ったので、その別荘を建てた後の
30年後にぐらいに行ってみると、人の気配はなく、家は山の中なので草木に埋もれてしまっていました。

 

別荘地ですから世代が変われば、そうなってしまうのもしょうがないですが、
だれか次の世代の方が住んだりレジャー等で使ってくれないかなと思いますが、ほぼ空き家ですね。

 

ネットの不動産情報を見ると、当時何千万もした物件が、高くて数百万で、出てました。

 

でも資産価値として考えた場合は、山の中の空き家は価値なしですね。
人がいなくなれば、そのうち電気、水道のインフラも止まるかもしれません。

 

この話は、現実離れした極端な例かもしれませんが、富士市でも近年、海抜が高い山の
かつての分譲地は空き家傾向ですね。

 

いろいろ長々書きましたが、要はやはり家を建てる場所は、住む方の価値観や生活の仕方で
変わりますが、なるべく資産価値を意識して考えられた方がいいと思います。

 

性能向上リノベーション。

 

前回も書きましたが、もし、自分たちが住みたい地域に中古住宅が見つかれば、その家の
いろいろな状況、状態にもよりますが、中古住宅を壊して新築より、安い価格で、性能等は
新築並。工事の仕方では新築以上にして、お気に入りの住みやすい間取りで住むことが
出来ます。

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ