ブログBlog

2023.07.05

これから始まる当社の新しい現場の話を書きます。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

当社では今、富士市中央町で「性能向上リノベーション」工事をしています。

今日は、これから始まる当社の新しい現場の話を書きます。
工事の始まりは、今まで建っていた家の解体工事から始まります。

現場の場所は富士市津田町。

ここにはお施主様ご家族の昔からの家が建っていました。
自分も打ち合わせ等で何回か、この家に訪問していますが、まさに昭和の家。
敷地が広い為、前部分に平屋の家、後方に建て増しで2階屋の家でした。

平屋の家は、何回も書いてしまいますが、まさに昭和の家。
中は和室が多く、リビング、ダイキング、キッチン等になっていました。

今回、この家を解体させていただきました。
平屋部分から始まり、2階屋部分へ。

最近、家を解体していつも思うのですが、壁にも天井にも断熱材が入っていない
場合が多いです。
今では国土交通省が断熱等性能等級で、地域区分されているので、
その性能レベルに合わせて断熱工事をしていますが、昭和期や平成期でも
家の断熱工事は、これといった決まりがなかった時期なので、断熱材は
入っていればOKのような感じでした。

もちろん自分は工務店として、過去より断熱工事に力は入れてきましたが。

でも、国の断熱基準ももちろん大事ですが、最近、これだけ光熱費が上がり、
人の健康が、お部屋の温熱環境に左右される等の現実が見えてくると
家の断熱性能を建築工事で気を配ることは当たり前で、むしろ遅すぎた感も
あります。

この家は広い敷地でしたが、なんとか解体工事は無事終了しました。

今度は土地のレベル上げ。
以前の家は、家を建てた後、前面道路が整備されたのか?敷地が道路より低かったです。
これから地球温暖化の影響か。ますます雨の量が多くなってきます。
道路からの雨水が侵入を防ぐために、土地のレベルを上げる工事をします。

家の基礎工事はその後ですね。
もちろん、地鎮祭もありますが。

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ