ブログBlog

2023.06.07

最近、新築住宅の価格が上がっています。

当社では今、富士市中央町で「性能向上リノベーション」工事をしています。

最近、新築住宅の価格が上がっています。
当社も新築住宅を手掛けていますが、2年以上前、特にコロナが流行になり始めてから
家を建てるための材料の価格が、鰻登りのように高騰しました。

特に価格が上がったのは、家の構造体である土台や柱、梁などに使われる木材。
当時はウッドショックと言われました。

その後、追従してベニアなどの建材等ですね。

コロナと並行してウクライナ戦争なども勃発しましたので、ロシアなどからの石油が
輸入されないことによる、燃料費高騰で、木材だけでなくトイレやユニットバスなどに使われる
プラスチック製品などの価格も高騰し、家に関する建材は軒並み高騰しています。

リクシルやクリナップ、TOTOなど住宅設備メーカーから、値上げお願い通知来ると、

又かと気が重たくなることがここ数年で何回もありました。

最初に書いたように、確かに当社は既存住宅の性能向上リノベーションをしていますが、これだけが
この工事をやるメリットではないですが、建材等の材料費高騰による建築費高騰は
家づくりを新築からリノベーションに進路を変える大きな要因だと思います。

ただ、最近の当社にいらしてくれるお客様の傾向を見ているとまだまだ、新築希望の
傾向が多いように感じます。

先日ですが、あるセミナーに参加しました。

セミナーには新建ハウジングの社長の三浦さんとホームページのSEO対策を主にされている赤澤塾の
赤澤先生のセミナーです。このセミナーは工務店など業者向けのセミナーです。

基本的に著名な両先生を一緒にして大変失礼ですが、お話の中で出たことは最近、建売業者への
希望者が増えていると言うお話が出ました。

自分としても建売業者の家がどうかな?とむやみに疑問視するとこはないです。

ただ、家はご家族が長く住まわれる場所なので、特に性能の部分、耐震性や断熱性など
日々の生活の安全性や快適性、経済性にしっかり即した家ではないとご家族の日々の
安心に繋がっていればと思うだけです。

当社としては新築住宅も手掛けながら、既存住宅の性能向上リノベーションのメリットも
お伝えできればと思っています。

 

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ