ブログBlog

2024.03.17

耐震工事の準備に取り掛かります。

 

こんにちは、アスカ工務店の遠藤です。

 

いよいよ富士宮市小泉の家の耐震工事の準備に取り掛かります。

 

 

まず前回の耐震診断の結果で、耐震補強すべき箇所が判明しました。

 

 

少し分かりにくいですが、図面の緑色の線の部分が耐震壁にしていく箇所です。

 

 

確認申請上では、赤い部分が耐震性能に必要な耐震壁となっていましたが、それでは全然足りないので、新たにバランスを考えた上で耐震壁設置場所が指示されています。

 

 

 

 

 

何箇所か現状を確認します。

 

この家は、中古住宅でご購入後リフォームされました。
特に内装はきれいな壁紙が貼ってありとてもすてきなお部屋です。

 

今更言ってもしょうがないのですが、当時のリフォーム屋さんが耐震補強まで提案していれば、せっかくのきれいな壁を剥がして工事することにはならなかったのになと思います。

 

しかし、何度も言いますが、耐震工事をしようと思い立ってくださったのはとても良かったと思います。

 

今年1月1日の能登半島地震より前の去年の11月ごろだったかな、お客様の心に何かの危機感があったのかもしれません。

 

 

それでは、耐震工事準備に掛かります。

 

 

 

 

まずは、先程指摘した緑色の箇所の壁を剥がしていきます。

 

でもその前に、工事中はホコリや木くずが舞ったりするので、お客様の家具やお部屋が汚れないようにビニールで養生します。

 

 

次回はこの続きを。

 

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ