ブログBlog

2023.11.21

不動産会社アキヤマさんで、家の耐震工事についてのセミナーが開講されたので出掛けてみました。

こんにちは、アスカ工務店遠藤です。

 

先頃、静岡市清水区の不動産会社アキヤマさんで、家の耐震工事についてのセミナーがあり、ぜひ参加したいと思い事務所まで出掛けてみました。

 

アキヤマさんとは不動産を通じてお付き合いがあります。

 

 

 

 

セミナーに出て感じたことは、アキヤマさんで推奨している耐震工事は、家本体の躯体を利用しての耐震工事。例えば既存の梁の補強や柱の追加・補強ではなく、補強したい家の部屋の中にもう一部屋補強された部屋を作るという耐震工事でした。

 

例を挙げると、工事対象が古民家などかなり古い建物で基礎の鉄筋があるかどうか、分からない? 劣化して錆びて強度が下がっているかもしれない? 柱や梁が劣化しているが、その本数や組み方が古く、現在の工事の方法では難しい場合など。
それらの躯体に力をかけたりしないようにお部屋内にもう一つ耐震上強いお部屋を作る工法です。

 

この工事の利用メリットとしては、言うなれば、大地震発生時に他の部分が壊れたり崩れたりした場合にもこの躯体だけは残り、家に住んでいる人を守るというシェルター的な働きをすることだと思います。

 

ただ、気になるのは、お部屋の中にもう一つお部屋を作るのでお部屋の利用面積が狭くなったり、躯体自体が露出するので、デザイン的に気にならない方はいいのですが、そうでない場合は、お部屋のイメージが大きく変わってしまうことです。

 

何れにせよ、古民家のようなかなり前に建てられ、性能水準が低下してしまった住宅に住む場合の地震対策としては、有効なのかなと思いました。

 

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ