ブログBlog

2023.09.21

「耐震住宅100%実⾏委員会」のシンポジュームに参加してきました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

 

当社では今、富士市中央町で「性能向上リノベーション」工事をしています。

 

先日ですが「耐震住宅100%実⾏委員会」という団体があり、シンポジュームに参加してきました。

 

会場は東京大学。

 

何年前かな?5年以上前にも東大でセミナーに参加したことがあります。
当時は、東大の赤門をくぐって会場に行きましたが、今は工事中なのか、
赤門は閉鎖されていたので別門からの入場になりました。

 

 

 

 

 

「耐震住宅100%実⾏委員会」へは、やはり3年ぐらい前に入会しました。
当時、当社が性能向上リノベーション工事をやり始めで、住宅の耐震性には
いろいろ興味があったので、耐震とつく団体やセミナーに紹介もあり参加しました。

 

特に今回の「耐震住宅100%実⾏委員会」の木質耐震シェルターの講演では
家全体での耐震補強は、お金がかかりますが、生活の中で常駐しているLDKや寝室など
個室に限っての耐震補強ならできることも多いのかなと、思いました。

 

あと、既存住宅の性能面を担保して保証できる「安心R住宅」にも興味がありました。

 

まだ、この団体には、あまり具体的には参加してませんが、これから空き家問題対策も
必要な折、いろいろ知識を深めようと思います。

 

シンポジュームではいろいろな専門家の方が登壇されて公演してくれましたが
一番、興味が湧き、為になったのは、地震の余地や火山や津波の話をしてくれた
東海大学、静岡県立大学客員教授の長尾先生の公演でした。
大災害の歴史的なこと、これから起こりそうなことなどお話されていました。

 

日本地震予知学会の代表理事でもあるので、お話には現実味が高かったです。

 

講演の後は、懇親会にも参加しました。
先程の長尾先生には挨拶方々、いろいろお話が聞けました。
これから、又先生の講演がありましたらぜひ、又参加しようと思います。

 

今回のシンポジュームはなかなか濃い内容で、為になりました。
コロナ禍は、Zoom講演も多く、なかなかこのような機会もなかったですが、
やはりリアルにいろいろお話が聞けるのは為になります。

 

 

長尾先生と

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ