ブログBlog

2023.07.10

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

昨日ですが、富士市津田町で神主さんをお招きして地鎮祭をとり行いました。

 

 

地鎮祭の記事を書くときはいつも言っていますが、地鎮祭はこの地の古くから
住まわれている神様にこれから工事が始まり、お騒がせしますがよろしくお願いいたします。
というまずは、ご報告ですね。

日本はキリスト教などの一神教の教えではなく、辻のあちこちに神様がいるという考えです。

神社はもちろん、道や川や家の中にもいます。

少し前に「トイレの神様」という歌がはやりました。

「トイレを汚したらトイレの神様に怒られるよ」というような、小さな子供たちへの教育の意味もありますがいつもどこかで神様が見守っているという日本人の感覚は、地鎮祭をとりおこなう意味でもあると思います。

この地に昔から住まわれている神様たちにまずは工事をさせていただくことへのご挨拶と感謝を伝えます。そして家が完成した暁にはここにお住まいになるお施主様ご家族を生涯守ってくださることをお願いします。

お施主様ご家族ににとっては、地鎮祭は新しい生活への第一歩ですね。

工事は大工さんなど職人さんたちと協力し確実に進めていきたいと思います。

最新の記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ